施工管理 求人

施工管理の仕事とは、主に建築現場において工程管理や安全管理、品質管理などを監督します。例えば工事現場が大きくなればなるだけ、管理は大変になってくるので施工管理という国家資格をもった人が必要になります。発注担当との打ち合わせや細かい技術者への指導なども主な仕事です。国家資格が必要を言いましたが、施工管理技士という名前の資格が必要です。この施工管理技士という資格には、建築施工管理技士や管工事施工管理技士など種類がいくつかあり、建設現場で施工管理の仕事を行うなら、施工管理技士1級が必要なので注意が必要です。建設業者が新しい建設業の営業所を立ち上げたときに、専任として働けるという利点があります。求人を探すうえでもまず、資格保持者であることが求められるので確認しましょう。

現場の大事なスケジュール管理を任される仕事

建設現場において、工事スケジュールを守ることはかなり重要です。工期に仕事が間に合わなければ、信頼を失うだけでなく仕事が立ち行かなくなってしまいます。そこで重要な役割を担っているのが、施工管理の仕事です。施工開始前にスケジュールを立て、職員の手配や重機の手配などやることはたくさんです。また工事が始まったり予定通りに工事が行われているか毎日確認し、もしスケジュール通りに行われていなければ、調整をかける必要があります。施工管理の仕事は主に4つあり、費用管理、スケジュール管理、品質管理、安全管理です。すべてがしっかりと行われていないと安全で安心な建設現場にすることができないので施工管理の力の見せ所です。施工管理の求人を探しているのなら、仕事をしていく上で心しておきたいポイントです。

気になる施工管理の給料はどのくらいなのか

これから施工管理の求人を探すうえで気になるのは給料がどのくらいなのかという点です。建設現場が主に職場になる職種のため、経験がものをいうこともあり、年齢によっても比例してきます。平均の年収では、20代で345万円から440万円、30代で500万円、40代に至っては550万円になっています。もちろん平均の話なので、年収1000万円を超える仕事ぶりを発揮し活躍している人もいます。求人を探すのなら、まずはインターネットなどを使って建設会社がどのくらいあるのかを探してみることをおすすめします。地域に根差した社風で行い、全国に股をかけて行う大きな会社であることも求人を探すうえでかなり変わってくると思います。また、自分のやりたい仕事内容をイメージすることで、どの建設会社で働いてみようか考えられるのではないでしょうか。

高齢になってからの転職や、今までの仕事が定着していなかった人が働きやすい環境を提供します。 物を作るものが好きな人や、自分で作ったものを家族や友人に見せる喜びをしっている人は大歓迎です。 建築求人.jpへはサイトのお問い合わせからご連絡ください。 ブランクがある方や未経験の方でも安心して働ける教育システムが充実しています。 施工管理の求人情報が豊富な求人サイトは建築求人.jp