施工管理 求人

施工管理というとあまりイメージが湧かないかと思いますが、大まかに言うと工事の現場監督の事です。工事の安全や施工を管理し、作業員の上に立ち、的確な指示を出す役割です。是非、施工管理の仕事をしてみたいという方に、求人に申し込む際に注意してもらいたいことがあります。施工管理の仕事をしたいと思った場合、必ず施工管理技士という資格が必要になります。その資格は国家資格で、6種類の資格に分かれています。その種類によって、できる工事と出来ない工事に分かれてしまいます。もし、この工事に携わってみたいという明確な希望があるのであれば、その工事の施工管理ができる種類の資格取得が必須となります。その資格も種類によっては実務経験が何年以上と規定があるものがある為、事前の下調べが必須となります。

施工管理技士の6種類の資格について

前述した通り、施工管理をするには施工管理技士という国家資格が必要になります。その種類は6種類あり、それぞれどんな工事分野に適した資格なのかを紹介します。まず、建築機械施工技士はショベルカーなどの建設機材を使用した工事現場で必要な資格です。土木施工管理技士は河川や道路、湾岸などの土木関連の工事現場で活躍ができる資格です。建築施工管理技士は建築現場で必要になる資格で、一番人気のある資格でもあります。次に電気工事施工管理技士は電気工事を行う際に必要な資格で、高いニーズがあります。管工事施工管理技士は空調設備や配管工事などの品質や安全管理を行います。造園施工管理技士は公園や遊園地などの工事に関わる資格です。どの資格にも1級2級と種類があり、それによっても携われる工事とそうでない工事に分かれます。施工管理で求人を探しているのであれば、まずは2級の取得から目指しましょう。

自分に合った施工管理の求人の見つけ方

施工管理といってもその業界は幅広く多岐に渡ります。施工管理の職に就く際のメリットとして、仕事の実績が目に見える形で存在し続けるということです。例えば、橋の建設に携わったのであれば、完成後に自分で車を運転して通る事もできますし、何十年先まで残っていることでしょう。その様に、仕事の実績を見続けられるのは大変大きなメリットではないでしょうか。そこで、施工管理の求人を探す際に、判断基準にしてほしいのは、どの分野の仕事をしてみたいかです。施工管理では建築物や道路工事、河川や公園工事など様々です。その為、自分が携わってみたい分野を最初に選び、そこから探していく事でモチベーションも上がり、選びやすくなるのではないでしょうか。また、出来るだけ多くの種類の施工管理技士の資格を事前に取得しておくことで、選べる仕事の範囲も広がり、益々施工管理の現場で活躍する事ができるでしょう。