施工管理 求人

建築関係の仕事に就きたい、建築業界でスキルアップをしたいと考えているのなら、施行管理の資格を取っているのはどうでしょう。施工管理の資格があれば、求人の幅も広がりスキルアップや年収アップの可能性も高まります。では、この施工管理とは、どのような仕事なのでしょう。そもそも施行管理とは、現場における筆頭責任者として現場の職人や作業者を束ね、工事が予定通りに安全に進むように管理、監督をする仕事です。施工管理の仕事には、工事がスケジュール通りに進むように管理する工程管理、工事が安全に行われるように管理する安全管理、正しい手順や材料で作業が進められているか管理する品質管理、業者との打ち合わせや書類などの作成を行う事務作業の4つの作業があります。これらをこなすことで工事は円滑に進み、安全に作業を行うことができるため、建築業界において施工管理は重要な役割を担っているのです。

施工管理の求人を探すときのポイントとは?

施工管理の求人を探す際のポイントとは、どのような点にあるのでしょう。まず、転職を考えている職場について、どのような所なのかを確認するようにしましょう。一言で施工管理といっても、施行管理の種類はいくつかあります。ビルやマンションなど一般的な建築物の管理を行う建築施工管理のほかにも、道路や鉄道などのインフラ整備を行う土木施工管理、公園や緑地の整備の管理を行う造園施工管理や冷暖房などの配管工事を担当するときの管工事施工管理など、複数の施工管理があります。施工管理の内容によっては、資格を持っていても事業内容に合っていなければ資格を活かすことができないということがあります。自分の持っている施工管理と職場の事業内容が合っているのかを確認してから、転職活動を行うようにしましょう。

転職エージェントを利用した施工管理の求人探し

建築業界の中でも施工管理の資格を活かした求人を探すときにおすすめの方法が、転職エージェントを活用する転職方法です。この転職エージェントの活用には、どのようなメリットがあるのでしょう。転職エージェントとは、一人ひとりに担当者がつき、企業と転職する人の間に入ってスムーズに転職を行えるようにしてくれるサービスです。一般的な求人サイトとの違いとして、その分野に特化したエージェントが担当してくれるため、業界ならではの転職が上手くいくというメリットがあります。また、企業との間に入って転職を成功に導いてくれるため、面接でのアドバイスや給料面での交渉などを行ってくれることもあります。施工管理の資格を活かして転職をしたい方や、建築業界での転職を成功させたいという方は、活用してみるといいでしょう。