医院設立には多額の開業資金が必要です

独立開業に必要な資金を用意しましょう

医科大学で6年間学び、授業と実習を沢山行って難しい国家試験に合格したのちには、晴れて医師として仕事をすることができます。多くのかたはそのご出身の医科大学の付属病院の勤務医として経験と実績を積んでいくのが通例です。技術だけではなく、医師としての心構え、患者様と接するコミュニケーションスキルなども身につけなければなりません。知識があればよいという世界ではなく、人間の体と心を看るという責任も必要不可欠です。適正があり、技術を積み上げたのちには、他の職場に移動される方も少なくありません。

医師の方の働き先はいろいろあります

ご卒業された医科大学で経験を積まれたのちには、他の民間病院や自治体運営の公的医療機関などに転職される方もいます。勿論そのまま自分の所属されている大学病院で働き続け、出世をしていくという道もありますが、医師の方の働き口は多様にあります。ご自身のライフスタイルや適正に合わせて換えていくことができるということです。その多様な働き方のひとつに、独立開業という道があります。ご実家で親御さんが既に開業されていて、その医院を継がれるということではないかぎり、自分で開業資金を調達し、個人医院を設立しなくてはなりません。そのための資金は安くありません。銀行の融資を受けることが基本になります。

医師同士の連携を大切にしましょう

医師としての実績と技術を積み上げたのちの開業ですから、相応の信用も既に得ています。先輩医師や医科大学の上司の方との連携で、医療業界のネットワークを通じて融資を受けやすくするシステムもあります。また昨今はその医師としての信用を元に医院開業をサポートしてくれる民間企業も存在しますので、適切なアドバイスも受けやすいでしょう。まずは医師同士の連携を大切にすることが、独立開業の一歩と言っても過言ではありません。小規模の病院と言っても、必要機材や設備、またスタッフとして看護師のかたなども雇用するための人件費も必要になりますので、多額の開業資金が必要になります。そのあたりの運営面、資金面に関しても、専門機関のスタッフの方としっかりと相談をされ、十分な調査を済ませたのちの開業が望ましいということです。必要な資金は開業資金のみならず、そのあとの運営費のこともあるということも理解しておかなくてはなりません。既に独立開業を果たされた先輩医師のかたなどにアドバイスを求めることもお勧めいたします。

ピックアップ記事一覧