医院の開設起業の際に必要な開業資金の調達方法について

全体的にはその責任の重さと必要金額の相場が比例

全体的に、医療業界での独立起業の場合には、それぞれの診療科目毎により各種必要費用の額が異なってきたりしますが、それでも全体的に必要費用は優に、約5千万円台以上は掛かるものと見ておく方が無難な感じがします。事実、幾ら診療科目毎により専門分野が異なるものとは言え、実際にも目の前で生きている人間の健康や命を扱う医師としての立場には変わりがありません。それだけにその患者さんである人間本人がなるだけのぞむ、治療や健康・体調回復のための医療サービスの提供をしていく必要性がどうしても出て来たりします。その分だけやはり、それ相応である出費にあたる独立起業のための医院としての開業資金などの必要経費は全体的に高額になっていく傾向が、やはりあります。その医師としての、自らの責任の重さの現われでもあると言える金額の大きさでもありますので、責任と金額がとても分かりやすい比例の関係とも言える面は確実にあります。

大体約5千万円台の費用が必要になってくる現状

これについてもある程度、もう既に本文1の段落でも話していますが、約5千万円台以上の金額が必要になってくる事は、間違いがありません。たとえ、小さな1つの診療科目を専門的に扱う医院などではあっても、その責任の技術面での重さから、どうしても高額な最新科学技術に基付いた設備の導入をしたりしていくために、それくらいの規模の必要経費としての予算の計算は当たり前になってくる現状がどうしてもあります。しかし、そうした事情であっても中々実際には資金の確保が出来ない現状が、大抵の方のケースの場合には多い傾向があります。また、今まで勤務医として働いてきた方が、イザ開業医を志してそれに従事をしようと思案をしても、それまでの給与額相場ではどうしてもやっと1千万円分程度の貯金しか出来ない、等々、多くの課題があります。借り入れ申込などをしても、わずか1万円程度くらいしか実際には出来なかったといった、非常に後ろめたい報告のケースなども中にはあります。こうした厳しさがありますので、中々医師免許を有している方などではあっても、開業資金の確保の面では難しい実態があります。

簡単には調達が出来ない資金確保面での課題

これは特に勤務医からの独立起業という形で、医院を立ち打上げようと試みる方に多いケースでもありますが、やはり、勤務医として働いているそこの医療機関や施設での給与額の相場などの影響もあるところも、正直ある感じもします。幾ら勤務医であるお医者さんや医師などではあっても、必ずしも高額取りである方ばかりではありませんので、こうした現状は正直やむを得ないところもあります。それでもやはり、幾ら低所得層である勤務医といった立場ではあっても、しっかりとしたビジョンがあるのにも関わらず開業資金分のお金の借り入れが出来ない実態といったものは、本当に理不尽な事と言えます。

ピックアップ記事一覧