医院の開業資金について科目別に検証

医院を開設する時に必要な開業資金は

医師が医院を開業する場合、開業資金は条件によってかなり大きく変動します。施設にしても一戸建ての医院にするのか、ビルテナントにするのかで大きく変わりますし、設備によっては同じ診療科目でも違いが出ます。どこまで診療するか、逆にどこから診療外とするかによって設備投資額は大きく変わりますので、開業前にコンセプトを決定しておく必要があります。目安として考えるなら、診療科目別に実際に開業にかかった資金の平均額を参考にするのが良いでしょう。ただ、例えば内科であっても本来は一般内科と他の内科は分けて検証する必要がありますが、資金的にはそこはあまり差はないようです。ここでは医師が開業するケースが多い診療科目について、それぞれ平均的にかかった資金額について検証してみましょう。

内科や皮膚科などの必要資金を検証

まず全国で一番数が多い内科ですが、総合内科と消化器内科や呼吸器内科などの専門内科は、ほぼ同じくらいの資金が必要とされるのが一般的。むしろ地方での開業なら総合内科として開業したほうが成功しますので、開業前にどこからを診療外とするかを決めておくことが重要でしょう。内科の開業資金は、一般的に土地や建物で約3000万円、設備投資で約2000~3500万円と言われています。皮膚科の場合、内科よりも設備投資額が少なく、広い敷地面積も必要ないため、土地建物で約1500万円、設備投資で約500万円と言われています。精神科心療内科はカウンセリングや投薬治療がメインとなるため設備投資はほとんどなく、土地建物で約1000万円、設備投資で400万円ほど。小児科は対応する科目は多く、広い敷地が必要なため土地建物で約3000万円、設備投資で約1000万円。産科婦人科は入院設備を必要とすることから土地建物で約3000万円、設備投資で約2000万円必要とされています。

眼科や外科などの必要資金を検証

眼科は土地建物で約3000万円、設備投資にはかなり幅があり、約2000~4500万円と言われています。眼科の場合、手術まで行うかどうか、入院設備を持つかどうかによっても大幅に変わるでしょう。耳鼻咽喉科は土地建物で約3000万円、設備投資で約2000~2500万円。整形外科は土地建物で約3000万円、設備投資で約1900~2500万円となっていて、どこまでの治療を受け持つかによって設備内容が大きく変わります。外科は手術を行う前提ですが、土地建物で約3000万円、設備投資は約1500万円と比較的低めです。内視鏡手術など専門的な治療を行うわけではなく、診察のベッドやX線装置、手術台などがメインとなるのが一般的です。

ピックアップ記事一覧